-■無意識下のアフェクション

 
 

「どうしたんですか、ルカさん」

 お兄ちゃんに聞こえないよう、少し声をひそめる。

 瑠果さんは、あたしの部屋の奥に立っていた。

「ごめんなさい、突然。大したことじゃないんだけど、気になってたから確かめたくて」

 あたし、何か悪いことしたかな? とドキドキする。

「なんですか?」

 すると瑠果さんは、上目使いにあたしを見て、いたずらっぽく微笑んだ。

「マユちゃん、マヒロくんのこと、本当はあんまり好きじゃないんじゃない?」

「へ?」あたしは目をぱちくりした。何を言っているんだろう。「えっと……、そんなの、当たり前じゃないですか。はっきり言って嫌いですよ」

 瑠果さんが、満面の笑みを浮かべる。「やっぱり? そうじゃないかと思ったの」

 あたしは溜め息をつきながらベッドに座った。

「利用できることは利用してますけどね。そのためにご機嫌取りもします。でも、いい気になって過剰にスキンシップしてくるのがキモくて……」

「あら、嫌なことは嫌って言ったほうがいいわよ。ストレスは体にも毒だし」

「完全なるシスコンなんですよ。触るな、なんて言ったらどうなることか……」

「あ」瑠果さんは人差し指を立てた。「私に会ったのも、偵察だったんでしょう?」

「バレてましたか」あたしはぺろっと舌を出した。「お兄ちゃんなんかと付き合う女性って、一体どんな人なんだろうと思って。そしたら、マトモ……どころか、すごく素敵な人なんですもん、ルカさん。一目惚れしちゃいました」

「あら、さらりと言うのね」

「だって、あたしの気持ち、もう知ってるじゃないですか」

「まあね」

「もしルカさんがお兄ちゃんのことを好きなんだったら、どうにかして目覚めさせなきゃと思ってたんですけど、どうやら大丈夫みたいですね」

「心配ないわよ。マヒロくんにときめいたことなんて一度もないわ」

「でも、助けてくれましたよね、お兄ちゃんのこと」

「私のせいで人が死んだら気持ち悪いっていうだけのことよ」

「ああ、そうですよね」

 そのとき、階段を駆け上がる足音が聞こえてきた。

「あら、気持ち悪いお兄ちゃんが来たわよ。それじゃ、私は消えるわね。またしばらく、兄妹ミズイラズで楽しく暮らして」

 瑠果さんは嫌味を言って、美しい微笑みをあたしに向けると、シュッと消えた。

 理解者がいるって、いいものだなあ、と思った。

「マユ!!」

 ノックもせずに、お兄ちゃんが飛び込んできた。

「む、む、虫が出たからやっつけてくれ!」

 顔面蒼白で、あたしに助けを求める。

 これがあたしのお兄ちゃん。見損なって当然だよ。

「……どこよ」

 あたしは、また溜め息をついて、部屋を出た。

 背後で、瑠果さんがくすっと笑った気がした。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - -まだ気づいていない〈完結〉

 

感想いただけると励みになります